京都産業大学体育会男子ラクロス部の2014年度試合結果(Results)第2節

■ 2014 - 25th 関西学生ラクロスリーグ戦 Div.1 / 第2節

vs 関西学院大学

▼ Overview

Date

Game Venue

Opponent

Face Off

Weather

2014 / 8 / 30 sat. 宝が池球技場 関西学院大学 12:00 晴れ / 雨

▼ Score

Team

1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都産業大学  3 3 2 1 9
関西学院大学 2 3 2 4 11

▼ Scoring Summary

Q

Time Player No. Pos.

1

04:00 細見 # 73 MF

1

11:00 尾木 # 7 AT

1

16:00 常陸 # 88 MF

2

01:00 尾木 # 7 AT

2

04:00 難波 # 1 MF

2

11:00 難波 # 1 MF

3

03:00 難波 # 1 MF

3

07:00 常陸 # 88 MF

4

15:00 尾木 # 62 AT 

※ Scoring Summaryは、https://twitter.com/KyotosangyoLAXの試合速報より転記

▼ Game Summary

< Condition >

宿敵の関西学院大学との戦い。何としても勝利を収めたい。

 

< 1Q >

しかし、先制点は関西学院大学だった。このまま関西学院大学のペースかと思われたが、今年の京都産業大学は一味違う。

#73 細見がカットインからのショットで得点。ここから一進一退の攻防を繰り広げ、2-2 のまま試合は進む、

この均衡を破ったのは、#88 常陸。トップからのミドルシュートが決まり 3-2 のリードで1Q終了。

 

< 2Q >

2Qがスタートしても京都産業大学のペースは変わらない。

開始早々、#14 羽尻のフェイスオフブレイクから、#7 尾木へのパス、そのままアンダーショットが決まり追加点。

さらに、パス回しで関西学院大学ディフェンスを翻弄し、#1 難波がニアシュートを決める。

#1 難波がインバートで、さらに追加点。6-2 で京都産業大学がリードする。

しかし、まさかのダブルマンダウンとなり、そこから2失点、6-4 で詰め寄られる。

さらに失点してしまい、6-5 で2Q終了。

 

< 3Q >

3Q始まり、#1 難波がショットを決め、この日3点目。

さらに#88 常陸がミドルシュートを決めるものの2失点。8-7 で3Q終了。

 

< 4Q >

4Q始め、ファウルでマンダウンになり失点、さらにファウルを続けてしまい、関西学院大学が勢いづき、8-10 とリードを許してしまう。

ここで、2回生G #0 植松を投入。危なっかしいクリアを出すものの、何とか耐えしのぐ。

そして残り時間5分、ブレイクをくらい失点。8-11 に。

しかし京都産業大学、ここで意地を見せる。

オフェンスに参加した#17 宮川がラストパスを出し、#7 尾木がショットを決める。

さらに、安里HCが関西学院大学に対しクロスチェックを申請。結果認められ、京都産業大学は3分のエキストラオフェンスに。

怒涛の攻撃を仕掛けるものの、ゴールは遠かった。ここで試合終了。

スコア 9-11 で敗北。

去年と同じ、雨の中の試合だった。