京都産業大学体育会男子ラクロス部の2014年度試合結果(Results)最終節

■ 2013 - 24th 関西学生ラクロスリーグ戦 Div.1 / 最終節

vs 立命館大学

▼ Overview

Date

Game Venue

Opponent

Face Off

Weather

2013 / 10 / 27 sun. 立命館大学BKC第3グラウンド 立命館大学 10:00

▼ Score

Team

1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都産業大学 1 1 2 1 5
立命館大学 2 2 1 2 7

▼ Scoring Summary

Q

Time Player No. Pos.

1

14:00 服部 # 11 MF

2

09:00 尾木 # 7 AT

3

00:30 尾木 # 7 AT

3

19:00 橋本 # 1 AT

4

15:00 常陸 # 88 MF

※ Scoring Summaryは、https://twitter.com/KyotosangyoLAXの試合速報より転記

▼ Game Summary

< 1Q >

2013年関西学生ラクロスリーグ戦の最終戦は、京都産業大学のポゼッションから始まる。

1Q開始からしばらく京都産業大学のオフェンスが続くが、#11 服部や#1 橋本、#88 常陸がショットを放つも得点を決めきれない。

その後、京都産業大学のファールでマンダウンディフェンスとなり、立命館大学がショットを放つが、バーに当たり決まらず、均衡が続く。 

立命館大学のファールにより京都産業大学のエキストラオフェンス。 しかし、#19 上原や#14 羽尻のショットはいまだゴールネットを揺らさなかった。 

だが、それは立命館大学も同じでいまだノースコア。

先制点がほしい京都産業大学だが、ディフェンスの時間が続く。

その後、ディフェンス陣からのクリアが#14 羽尻にわたり、そのポールをATが回し、#11 服部がバウンドシュートで先制点を決める。

しかし、直後のフェイスオフフブレイクを食らい何とか耐えるものの、その後にショットを決められてしまい同点に追いつかれる。

さらにマンダウンのおまけつきである。

立命館大学のエキストラオフェンスで、トップからのアンダーのショットを決められ突き放される。スコア 1-2

 

 

< 2Q >

2Qは立命館大学のポゼッションから始まる。

開始早々、立命館大学のMFに裏とられ失点。

その後もミドルシュートを決められ失点。

なかなか得点できない京都産業大学は次のオフェンスで#7 尾木がトップからミドルシュートを決め、食い下がる。 

そして、アツいゴーリー#21 西川が出場しチェイスをとると、それを#17 宮川がクリアし#11 服部のショットで終わる。

チェイスは京都産業大学がとり、そのままオフェンスが続く。

その後、立命館大学のファールにより京都産業大学のエキストラオフェンスとなる。

しかし、肝心のパスが通らず立命館ポールとなってしまう。

さたに立命館大学の猛攻にあうが、ディフェンスが粘りをみせてなんとかオフェンスにつなげる。

オフェンスは何とか一矢報いたいものの、なかなかシュートまでつながらず、そのまま2Q終了。

 

< 3Q >

3Q 開始早々、立命館大学のクロスチェックのファールにより、京都産業大学は3分間のエキストラオフェンスを得る。

そのエキストラオフェンスを、#7 尾木がニアシューで決めきる。本日2点目! 

その後もフェイスオフに勝ち、オフェンスが続く京都産業大学。いい流れである。

しかし、直後に立命館大学に失点を許してしまう。 

だが、京都産業大学オフェンスリーダー#1 橋本が一矢報い、1点を返す。スコア 4-5

 

< 4Q >

4Q 開始早々、立命館大学に2点を取られる。

流れを断ち切りたい京都産業大学だが、そのままずるずると立命館大学ぺースで試合の後半に進んでゆく。

残り5分、#88 常陸がミドルシュートを決めるも、 そのまま試合終了となる。スコア 5-7