京都産業大学体育会男子ラクロス部の2014年度試合結果(Results)最終節

■ 2013 - 24th 関西学生ラクロスリーグ戦 Div.1 / 第6節

vs 同志社大学

▼ Overview

Date

Game Venue

Opponent

Face Off

Weather

2013 / 10 / 19 sat. 浜寺公園第2球技広場 同志社大学 12:30 曇り / 雨

▼ Score

Team

1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都産業大学 1 4 2 0 7
同志社大学 0 0 1 1 2

▼ Scoring Summary

Q

Time Player No. Pos.

1

13:00 橋本 # 1 AT

2

03:00 上原 # 19 MF

2

05:00 羽尻 # 14 MF

2

18:00 山本(拓) # 62 AT

2

19:00 上原 # 19 MF

3

08:00 尾木 # 7 AT

3

18:00 宮川 # 17 DF

※ Scoring Summaryは、https://twitter.com/KyotosangyoLAXの試合速報より転記

▼ Game Summary

< Condition >

ここまで勝ち星がない京都産業大学にとっては絶体絶命の中、同志社大学戦を迎える。

この日は、前回までケガをしていたオフェンスリーダー#1 橋本が出場。

また、前の試合を就職活動で欠席の#19 上原もいて万全の京都産業大学。

 

< 1Q >

京都産業大学、同志社大学ともに一進一退の攻防が続く。

また、この日は先発で出場した#3 角野がナイスセーブを連発する。

さらに#17 宮川、#6 植松、#51 窪田のディフェンス陣も安定していて、堅い守りを見せる。

そんな中、ディフェンスの堅い守りに応えるようにオフェンスリーダー#1 橋本が点をきめ、京都産業大学を鼓舞する。スコア 1-0その後も、一進一退の攻防が続くが両者点が入らず、1Q 終了。

 

< 2Q >

開始早々、#19 上原・#14 羽尻のMFコンビが得点し、MF勢からチームの士気を高める。

そこから同志社大学の猛攻にあうが、守護神#3 角野がナイスセーブを連発する。

この日、イケイケムードの京都産業大学は、2Q終了間際に2回生AT#62 山本(拓)がリーグ戦初得点を決める。

その後のフェイスオフに勝ち、残り1分の状況で#19 上原がショットを放つ。それがまたしても同志社大学のゴールを揺らす。スコア 5-0

 

< 3Q >

オフェンスもそうだが、この日はここまでゴーリーの#3 角野が相手のシュートをすべてシャットアウトしている。

そのままの勢いで勝ち切ろうと士気を高め、3Qを迎える。

直後、追いつこうとする同志社大学の追撃を受けるが、ディフェンス勢が余裕の守りを見せる。

この日のディフェンスの安定感はすごい。

すると、この日ゴールが見られなかった#7 尾木がショットを決め、さらに同志社大学を突き放す。

そこから1部リーグで戦う大学の意地を見せられ、この日最強のセーブ率を誇っていた#3 角野のゴールが破られる。

その後も、一進一退の攻防が続くが、なんとディフェンスリーダー#17 宮川が攻撃参加し、得点を決め、

ディフェンスの失点をディフェンスリーダーが取り返す。スコア 7-1

 

 

< 4Q >

京都産業大学はオフェンスはするものの、ゴールが遠い。

しかし、同志社大学は残り10分頃、均衡を破る得点を守護神#3 角野から決める。スコア 7-2

その後、京都産業大学は締め直し、勝ちへと向かう。 

そこで、#11 服部が試合終了間際に得点を決める。と思われたのだが、ゴールにボールは入ったものの、#11 服部のファールにより得点は認められ ず、幻の1点となった。
そして試合終了。

京都産業大学にとって待望の初勝利となった。