京都産業大学体育会男子ラクロス部の2014年度試合結果(Results)最終節

■ 2013 - 24th 関西学生ラクロスリーグ戦 Div.1 / 第5節

vs 大阪大学

▼ Overview

Date

Game Venue

Opponent

Face Off

Weather

2013 / 10 / 13 sun. 大阪大学豊中キャンパスグラウンド 大阪大学 12:30 晴れ

▼ Score

Team

1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都産業大学  0 3 2 2 7
大阪大学 5 0 1 1 7

▼ Scoring Summary

Q

Time Player No. Pos.

2

01:00 服部 # 11 MF

2

06:00 尾木 # 7 AT

2

16:00 尾木 # 7 AT

3

03:00 尾木 # 7 AT

3

15:00 羽尻 # 14 MF

4

01:00 服部 # 11 MF

4

13:00 前川 # 26 MF

※ Scoring Summaryは、https://twitter.com/KyotosangyoLAXの試合速報より転記

▼ Game Summary

< Condition >

前節の近畿大学に引き分け、いまだ白星がない京都産業大学。

そろそろ勝ち星が欲しいとチームの誰もが思っていた中、大阪大学戦のフェイスオフを迎えた。

この日、就職活動の関係でMFリーダー#19 上原を欠いている京都産業大学。#14 羽尻が不安を胸にフェイスオフに向かう。

 

< 1Q >

開始1分、大阪大学が得点する。

さらに2分後失点。 大阪大学の勢いは止まらない。

1点、2点、3点、どんどん大阪大学がゴールを決めていく。

一方、京都産業大学はゴールが遠く、1点も決めれないまま1Qが終了する。スコア 0-5

 

< 2Q >

ちょっとキツイな、、、誰しもが心の中でそう思い始めている中、2Qが開始する。

開始1分、#11 服部が得点する。チームで一番熱い男が反撃の火ぶたを切った。

その後すぐ、3回生ながらチームのエース、尾木が点を取り、服部に続く。

しかし、大阪大学も黙ってはいない。その後、大阪大学の猛攻にあうが、

アツいゴーリー陣を中心に、1点も失点しない完璧なディフェンスを見せる。

終了間際、またしても#7 尾木が魅せる。「チームの苦しい時に点の取れる選手になる」と言っていた#7 尾木が有言実行を果たす。スコア 3-5

 

< 3Q >

3Qが始まる。

1Qとは状況が一変して大阪大学の背中がみえてきた。ここでもうひと押ししたい京都産業大学は、攻める。

そして、またしても#7 尾木が得点。もはや1点差。

その後、一進一退の攻防を見せる。

ここまで素晴らしい守りを見せてきたディフェンスだったが、ついに破られ、失点してしまう。

しかしその直後、#14 羽尻がすぐさま取り返し、意地を見せ食い下がる。スコア 5-6

そして、3Qが終了する。安里ヘッドコーチを筆頭に京都産業大学は勝ち切ろうと高め、4Qに向かう。

 

< 4Q >

すると4Q開始1分、またしても#11 服部が得点を決め、ついに追いつく。

その後、接戦が続き、どちらもオフェンスをするが、点が入らない。

しかし4Q中盤、相手に失点を許してしまう。うなだれるディフェンス陣。

得点が欲しい京都産業大学は攻める。

その結果、ゴール横でフリーになった#26 前川がパスを受け、得点する。

さすがは、来年からAT転向をコーチから言い渡されている男である。スコア 7-7 

勝ちが欲しい京都産業大学は、その後も攻めて攻めて攻めまくが、1点追加とはならず、試合終了。

勝ち星は遠い。