京都産業大学体育会男子ラクロス部の2014年度試合結果(Results)最終節

■ 2012 - 23th 関西学生ラクロスリーグ戦 Div.2 / 第4節

vs 関西大学

▼ Overview

Date

Game Venue

Opponent

Face Off

Weather

2012 / 9 / 9 sun.

大阪大学豊中キャンパスグラウンド

関西大学 15:00

▼ Score

Team

1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都産業大学  4 2 2 5 13
関西大学 3 2 0 4 9

▼ Scoring Summary

Q

Time Player No. Pos.

1

01:00

大住

# 15 MF

1

05:00 森ノ内 # 8 MF

1

07:00 尾木 # 7 AT

1

11:00 羽尻 # 73 MF

2

09:00 尾木 # 7 AT

2

13:00 上原 # 19 MF

3

10:00 森ノ内 # 8 MF

3

17:00 森ノ内 # 8 MF

4

01:00 森ノ内 # 8 MF

4

08:00 橋本 # 1 AT

4

13:00 橋本 # 1 AT

4

14:00 尾木 # 7 AT

4

19:00 服部 # 11 AT

▼ Game Summary

< Condition >

2部リーグの中でも1番の難敵と言われていた関西大学。

1部リーグへ上がるためにはここで潰しておきたい相手である。

これに勝てば自動昇格もすぐ目の前になる。

 

< 1Q > 

2部リーグの強敵に対して、先制点を挙げておきたかった京都産業大学だったが、思うように立ち上がり上手くいかない。

そんな中、この雰囲気を吹き飛ばす#15 大住の左上からのミドルシュートが突き刺さり先制する。

その直後、#8 森ノ内の内抜きからのランニングシュートが決まりこれで2点目。

さらに、#7 尾木のカットインからのゴールが決まって3点目。

もしかして、これは圧勝パターンかと誰もが思い始めたが、関西大学の1on1からのランニングシュートが入ってしまい2点を返される。

その後、#73 羽尻の1回フェイントを挟んでのジャンプシュートが決まるが、1点をまた返されてしまい 4-2 で1Qを終了する。

 

< 2Q >

開始早々に点を連続で失ってしまい、同点になるが、

エキストラオフェンスから#7 尾木の本日2点目のゴールが決まる。

しかし、またもや点が入ってしまい同点にされてしまう。

ここでチームは、調子の良くなかったゴーリの#51 奥村に代えて、#3 角野が出てくる。

均衡した試合の中、勝ち越し弾を決めたのは#19 上原のトップからのジャンプシュートであった。

6-5で2Qを終了する。

 

< 3Q >

度重なるピンチにも、京都産業大学ゴーリの2枚看板の1枚、#3 角野がスーパーセーブを連発して関西大学の得点にはさせない。

だが、ここで京都産業大学にアクシデントが起こる。

ここまで得点ランキングのトップを独走中だった#7 尾木が、足を攣ってしまい交代となる。

ここで1点を入れられると、同点になってしまう。

そんな緊迫した状況をひっくり返したのは、我らが主将#8 森ノ内の連発ゴールだった。

このゴールで離した京産は3Q終了時点で 8-5 とする。

 

< 4Q >

#7 尾木も帰ってきて、ここで勝負を決めたい京都産業大学は、

始まって早々この日4点目、まさに絶好調の#8 森ノ内の3連発となるゴールが決まり 9-5。

その後、関西大学のランニングシュートが決まってしまい1点を返されるが、

#1 橋本のショットが決まってまたまた突き放す。

だが、気が緩んでしまったのか、マンダウンディフェンスで点を失ってしまう。

取られたら取り返すのが今の京都産業大学。

#1 橋本の本日2点目のショット、#7 尾木のショットが決まって関西大学を突き離すが、

ここで再び#7 尾木が2Qに続いて足を攣るというハプニングが起こってしまう。

ここで颯爽と#11 服部が現れる。

そこから関西大学が2点を連続で奪ってくるも、#11 服部がブザービートショットを決めてこのゲーム終了を締めくくった。

13-9 という今シーズンでは苦戦してしまった試合だったが、その分1番喜んだ試合であった。