京都産業大学体育会男子ラクロス部の2014年度試合結果(Results)最終節

■ 2012 - 23th 関西学生ラクロスリーグ戦 Div.2 / 第1節

vs 大阪産業大学

▼ Overview

Date

Game Venue

Opponent

Face Off

Weather

2012 / 8 / 15 wed.

京都工芸繊維大学グラウンド

大阪産業大学 10:00

▼ Score

Team

1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都産業大学  4 4 6 7 21
大阪学院大学 2 2 0 1 5

▼ Scoring Summary

Q

Time Player No. Pos.

1

02:00

尾木

# 7 AT

1

07:00 谷川 # 10 MF

1

10:00 栗林 # 4 MF

1

18:00 尾木 # 7 AT

2

11:00 尾木 # 7 AT

2

14:00 橋本 # 1 AT

2

16:00 尾木 # 7 AT

2

18:00 尾木 # 7 AT

3

02:00 尾木 # 7 AT

3

05:00 谷川 # 10 MF

3

08:00 上原 # 19 MF

3

10:00 森ノ内 # 8 MF

3

13:00 尾木 # 7 AT

3

18:00 上原 # 19 MF

4

01:00 橋本 # 1 AT

4

06:00 大住 # 15 MF

4

10:00 服部 # 11 AT

4

13:00 栗林 # 4 MF

4

15:00 尾木 # 7 AT

4

18:00 森ノ内 # 8 MF

4

19:00 尾木 # 7 AT

▼ Game Summary

< Condition1Q >

1部リーグ昇格を賭けた初戦。相手は2部リーグのダークホースといわれていた大阪産業大学。

1部リーグへ上がるためには1位通過して自動昇格を獲得したい。そのためにも絶対に負けられない試合。

 

< 1Q >

開始早々、ブレイクから#1 橋本にボールが渡り、そのままパスを受けた#7 尾木がサイドからのショットを大阪産業大学ゴールへとぶち込んだ。

そして7分には#10 谷川のショットが決まり2点目。

3点目は、#4 栗林が1on1から打ち抜きをして、ショットを決めた。

これで完全に流れに乗ったと思われた京都産業大学だったが。たて続けに2点取られてしまい、

逆に大阪産業大学に傾いてしまうかと思われていたが、またも尾木がエキストラオフェンスからショットが決まり4-2 で1Qを終える。

 

< 2Q > 

1Qの最後に引き寄せた流れをそのままキープしておきたかった京都産業大学だったが、

リーグ戦初出場チの#3角野が連続で2点を失ってしまい同点とされてしまう。

このままではまずいと思った京都産業大学はゴーリを#51 奥村と交代をする。

この交代が功を奏し、素晴らしい好セーブを連発する。

すると、タイムアウト明けから京都産業大学の流れが変わり#7 尾木、#1 橋本の連続得点が決まり、猛攻の口火を切った。

ここからは京都産業大学が確変モードへ突入して2Qを終了した。

 

< 3Q >

確変モードで始まった3Q。始まってすぐに大阪産業大学陣内でグラウンドボールが発生し、

そこから抜け出した#26 濱門から#1 橋本へのパスが通り、そのままゴール。

#10 谷川のショット、#19 上原がゴリッゴリの1on1からのランニングシュート、#8 森ノ内の得点でベンチが湧き上がった。

ディフェンス面でも#78 黒木、#89 北村がボールダウンを奪い、ショットを打たれても#51 奥村の好セーブで、3Qは相手をする。

14-4 で3Qを終える。

 

< 4Q >

怒涛の攻撃は4Qに入ってもまだ止まらず、

1分に#1 橋本、6分には#15 大住がニアシュートを決めた。

そして、#11 服部がAT同士の華麗なパス回しから、待ちわびていたリーグ戦初得点を決めた。

その後も、まだまだ勢いは止まらず#4 栗林、#7 尾木と得点を決め、

大台である20点目のメモリアルスコアは、我らがキャプテンの#8 森ノ内が左からのショットを決める。

しかし、大阪産業大学もここで終わらず、京都産業大学のミスだとはいえ意地の1発を決めてきた。