京都産業大学体育会男子ラクロス部の2014年度試合結果(Results)最終節

■ 2011 - 22th 関西学生ラクロスリーグ戦 Div.1 / 第6節

vs 龍谷大学

▼ Overview

Date

Game Venue

Opponent

Face Off

Weather

2011 / 10 / 16 sun.

大阪大学豊中キャンパスグラウンド

龍谷大学 12:30

▼ Score

Team

1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都産業大学  3 2 1 0 5
龍谷大学 3 2 3 0 8

▼ Scoring Summary

Q

Time Player No. Pos.

1

12:00

井上

# 15 MF

1

16:00 濱門 # 26 AT

2

08:00 山口 # 14 AT

2

18:00 濱門 # 26 AT

3

15:00 山口 # 14 AT

▼ Game Summary

< Condition >

負けてしまうとFINAL3の可能性が完全になくなってしまう重要な一戦。

対するは、京都産業大学と同じく崖っぷちで本気で挑んでくる龍谷大学。

 

< 1Q >

序盤から積極的にショットを撃っていく京都産業大学は、12分に#15 井上が1on1外抜きからのショットで先制する。

14分に龍谷大学にカットインで同点にされてしまうが、すぐに#26 濱門がクリース付近のグラウンドボールを拾ってからのニアシュートで 2-1 とする。

残り3分になった1Qであったが、グラウンドボール崩れと1on1からのショットで、立て続けに2点入れられ、逆転を許し1Qを終了する。

 

< 2Q >

開始1分に。ゴール裏からの1on1で早々と失点してしまう。

流れを変えたい京都産業大学は、#14 山口のミドルシュートで再び1点差とする。

しかし、龍谷大学の1on1でさらに点を入れられ、なかなか追いつけない。

負けられない京都産業大学は、終了間際に#26 濱門がゴール裏から1on1で 4-5 とし何とか粘って2Q終了。

 

< 3Q >

ハーフタイムでのクロスチェックで引っかかった京都産業大学は、3分間のマンダウンに。

その間に龍谷大学に追加点を許してしまう。

11分には、2マンダウンになってしまい、ショットを決められ 4-7 と突き放される。

絶体絶命になってしまった京都産業大学だったが、#14 山口がこの日2点目を1on1からのショットで奪い、追い上げる。

しかし、終了間際の19分にカットインで失点してしまい 5-8 で3Q終了。

 

< 4Q >

もう後がない京都産業大学は、ゴーリーも使って全シャットからダブルでボールダウンを狙う、というリスキーな作戦に出る。

何度か危ない場面はあったものの、龍谷大学オフェンスに得点を許さず0に抑えていく。

一方、オフェンスは積極的にショットを撃っていき、龍谷大学ゴールを脅かすものの、去年のベストLMF龍谷大学宮崎選手を中心とした、龍谷大学ディフェンスに抑えこまれてしまい、時間だけが過ぎていく。

最後までゴールへの姿勢を見せたが、無常にも 5-8 で試合終了。

この瞬間、FINAL3出場の夢は断たれてしまった。