京都産業大学体育会男子ラクロス部の2014年度試合結果(Results)最終節

■ 2010 - 21th 関西学生ラクロスリーグ戦 Div.1 / 第6節

vs 同志社大学

▼ Overview

Date

Game Venue

Opponent

Face Off

Weather

2010 / 10 / 17 sun.

龍谷大学瀬田キャンパスグラウンド

同志社大学 10:00 晴れ/曇り

▼ Score

Team

1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都産業大学 1 3 2 2 8
同志社大学 2 0 0 2 4

▼ Scoring Summary

Q

Time Player No. Pos.

1

15:00

西田

# 1 AT

2

: 村井 # 73 MF

2

: 村井 # 73 MF

2

: 入澤 # 88 MF

3

: 山口 # 23 MF

3

: 西田 # 1 AT

4

: 村井 # 73 MF

4

: 荒木 # 11 AT

▼ Game Summary

< Condition >

京都大学、関西学院大学戦の敗北により崖っぷちに立たされた京都産業大学。

あれから一人一人の意識改革でチームの雰囲気は徐々に良くなった。

本日の相手は3年前の新人戦を制したタレント集団同志社大学。

負ければほぼファイナルへの出場が絶望となるこの試合。

80分後に笑っているのは京都産業大学か?同志社大学か?

ファイナル3の椅子をかけた戦いが、今始まる。

 

< 1Q >

緊張感漂う1stフェイスオフは、去年と同じ顔合わせである#73 村井vs同志社大学 北選手。

ここは確実に取りたいとこだったが、結果は同志社大学に軍配があがる。

先制点は防ぎたい。

#6 岩澤率いる京都産業大学DF陣は同志社大学エース 木田選手に#2 大塚をマッチアップさせる。

木田選手にボールを集めたがる同志社大学オフェンスを逆手にとり、#2 大塚は見事なパスカットを見せ期待に応える。

一方で、先制したい京都産業大学オフェンス陣だが、MF2枚シャットの4on4に攻めあぐね、なかなか点が取れない。

すると、同志社大学に1on1から先制点を献上。

更に、システムが回りきれない場面で追加点を許してしまう。

しかし、クォーター終了5分前、エース#1 西田が1on1で得点。

その後、エキストラオフェンスかつ、ポゼッションの状態で1Qを終える。

このチャンスを2Q開始に活かせられるか。

 

< 2Q >

エキストラオフェンスの京都産業大学ボールから始まると、開始早々#73 村井がミドルシュートを決め同点とすると、

盾突けに#73 村井が得点し逆転に成功する。

ゴールが決まった瞬間、いつも冷静な#21 天羽が喜びを抑えきれず、#73 村井に駆け寄る。

リズムに乗ってきたオフェンス面に加え、ディフェンス面でもLMF復活を遂げた#89 島尻が見事にMFを統率させる。

また、#6 岩澤の早いスライドでボールダウンさせるなど確実に守る。

 

さらに、G#3 竹端のセーブによってこのクォーターを無失点に抑えこむ。

すると、#88 入澤がチームにエネルギーを供給すべく追加点を叩き込む。

さらに#50 北村がランクリから豪快なショットを放つが惜しくもゴールに嫌われる。

ライドもそこそこハマリ、優位に試合を進めだしハーフを迎える。 

ここで。4点のリードとなった京都産業大学。まだ何か起こるか解らない。

今一度気持ちを引き締め、後半戦に備える。

 

< 3Q >

この試合もクロスチェックでマンダウン状態で始まるが、

メリハリきかしたディフェンスでピンチを封じ込めにかかる。

しかし、悪運にもスラッシングでツーマンダウンのの大ピンチを招いてしまうが、

ここは#89 島尻の統率で小さく守り、ピンチを凌ぎきる。

すると、グラボ&クリア王#23 山口が左の小ジャンプランニングシュートで得点をあげる。

さらには、#1 西田がロングショットを決め完全に勢いにのる。

しかし、またもマンダウンディフェンスとなるが、スカウティングで無難なプレイヤーと評される#17 田村のポジショニングと

#19 木戸口の登場などで3Qも無失点で切り抜ける。

 

< 4Q >

試合も大詰めを迎えるが、開始早々またも#73 村井が得点し突き放す。

この試合、彼は3点目を叩きだす大活躍。

それでもまだまだ試合は分からない。

両者共に激しいプレーがみられ、この試合にかけるお互いの執念がぶつかり合う。

しかし、同志社大学 木田選手のスピードのあるミドルシュートが決まり、

さらにブレイクの場面をものにされ連続失点を許してしまう。

このままで終わってられない京都産業大学。

嫌な流れを断ち切ることができるのか。

「俺らはまだ何も手にしていない」と主将#6 岩澤の言葉と秋道HCの激で気を引き締め直した京都産業大学は落ち着いたプレーで試合を運んでいく。

すると、試合時間が残り少なくなった所で同志社大学は#88 入澤に対しクロスチェックを要請。

しかし、クロスは合法であり、逆にチャンスとなる。

そこでライドから#11 荒木がショットを決める。

その後も攻め続けるが試合終了となり、この大一番の試合で勝利を収める。

フィールドで天高く拳を挙げる者。

地面にひざまずく者。

両者の明暗は80分という短い時間で区切られた。