京都産業大学体育会男子ラクロス部の2014年度試合結果(Results)最終節

■ 2009 - 20th 関西学生ラクロスリーグ戦 Div.1 / 最終節

vs 大阪産業大学

▼ Overview

Date

Game Venue

Opponent

Face Off

Weather

2009 / 10 / 31 sat.

浜寺公園第1球技広場

大阪産業大学 15:00

▼ Score

Team

1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都産業大学 4 3 3 2 12
大阪産業大学 1 2 1 2 6

▼ Scoring Summary

Q

Time Player No. Pos.

1

:

三井

# 14 AT

1

: 奥山 # 1 AT

1

: 西田 # 1 AT

1

: 奥山 # 11 AT

2

: 西田 # 1 AT

2

: 西田 # 1 AT

2

: 奥山 # 11 AT

3

: 三井 # 14 AT

3

: 奥山 # 11 AT

3

: 河野 # 8 MF

4

: 米田 # 55 AT

4

: 小寺 # 74 MF

▼ Game Summary

< Condition >

「やるか、やられるか」

みなさんはこの言葉を覚えているだろうか?

そう。2ヵ月前、リーグ第1戦で福島TRが言った言葉。

今日勝てばFINAL3出場が決まる。

京都産業大学の戦士達は、この切符を掴むために、各自このさき生きたであろう寿命を10年縮め、エンポリオテンションホルモンを打ち、試合に挑む。

夕暮れの浜寺公園第1球技広場 15:00 face off

(ちなみに#88 入澤は高熱のため無念の欠場)

 

< 1Q >

先制したい京都産業大学であるが、開始2分いきなりカットプレーから失点してしまう。

しかし、すぐにエース#14 三井のショットが刺さり、追いつく。

その後、#11 奥山のアリウープのようなカットプレーで得点。

さらに、代名詞であった明るい髪を黒染めした#1 西田が決め、いきなり2009年最強AT陣3人が魅せる。

その後も、#14 三井のラストパスから#11 奥山がまたも得点し、オフェンスから試合のリズムを作りだす。

序盤はブレイク合戦の傾向が見られたが、ディフェンス面は、謎の女子が応援しに来ていた#40 井上を中心とした

堅実な対応で見事に抑え込む。

 

スコア 4-1

 

< 2Q >

2Q開始早々から#1 西田が立て続けにゴールを奪い、早くも3点目を決める。

ここで勢いに乗っていきたい京都産業大学であるが、大阪産業大学のエースMF四至本選手の積極的なオフェンスに対応できず2失点してしまう。

取られたら取り返えしたいところであるが、#4 野崎がクリース前で激プッシュをくらいながらもゴールを狙うが、なかなかゴールネットを揺らすことはできない。

しかし、ディフェンス陣がその後踏ん張り、大阪産業大学ATにボールを持たせれば、#17 増田の重いチェックでボールダウンを誘い、#6 岩澤が要所要所でパスカットを狙うという、いやらしいディフェンスをみせる。

 

スコア 7-3

 

< 3Q >

夕暮れの西日が眩しくなってきた所で試合も折り返しに入ると、

#14 三井のショットで追加点を奪い、その流れから1秒間に3回チェックを打つ男こと#66 谷川がクリース前で見事な得点シーンを作り出すが、惜しくも得点には至らず。

浜寺公園第1球技広場にため息がもれる

その後、またも大阪産業大学の四至本選手から失点し、点差を詰められるが、

ハーフタイムであの驚異のキープ力はイリーガルではないと判定された#11 奥山が本日4点目を決め勢いに乗る。

さらに、#8 河野のゴーリー強襲のミドルシュートで押し込み、点差を広げる。

ディフェンスでは、ブレイクから非常に危険なシーンがあったが、#89 島尻の気持ちのこもったダイビングチェックで会場を沸かせた。

 

スコア 10-4

 

< 4Q >

ついに試合も大詰めの4Q突入。

京都産業大学は、#14 三井のシュータースイッチが入り、ショットの嵐を打つが、

前年度ユース選手のゴーリー木村選手の前に止められる。

また、このクォーターは新しい顔ぶれの選手も多数出場し、

その中でも「早く点決めたい」とシャワー室でいつもボヤいていた#55 米田が1on1から得点する。

また、好調のゴーリー#21 天羽に変わって、ついに登場したのが#12 西谷。

その瞬間、応援団から大歓声が送られ、ベンチでは#73 村井が騒ぎ出す。

この歓声に後押しされるかのように、汗をかいてもイケメンの匂いがする#74 小寺が鮮やかなバウンドショットを決める。

しかし、終了間際に大阪産業大学の#49 大屋敷選手から、キレのあるランニングシュートを決められ点差を縮められるが、

その直後に試合終了のホイスッルが鳴り響き、FINAL3出場の切符を手にする。

 

スコア 12-6