京都産業大学体育会男子ラクロス部の2014年度試合結果(Results)最終節

■ 2009 - 20th 関西学生ラクロスリーグ戦 Div.1 / 第5節

vs 京都大学

▼ Overview

Date

Game Venue

Opponent

Face Off

Weather

2009 / 10 / 10 sat.

洛西浄化センター球技場

京都大学 11:00

▼ Score

Team

1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都産業大学 1 0 2 0 3
京都大学 3

▼ Scoring Summary

Q

Time Player No. Pos.

2

:

三井

# 14 AT

2

: 奥山 # 11 AT

4

: 奥山 # 11 AT

▼ Game Summary

< Condition >

ディフェンディングチャンピオン京都大学。

ここまで全勝という勢いの乗ったチームを、洛西浄化センター球技場というホームグランドに近いこの場で、決闘が始まる。

 

< 1Q >

開始直後から京都大学のポゼッションでゲームが展開される。

ボールが今年もツル球のためか、パスミスが続出し、なかなかポゼッションすることができない。

エース#14 三井を中心に、少ないチャンスをものにしようとするが先制点は京都大学。

崩れてもそこからの立ち直りが早い!

そして、圧倒的な混戦の支配力!

去年、一昨年と王者に君臨してきたチームの伝統を感じ取る。

#22 仲井が八ッと気づいたときフリーになり、ショットを放つがここはバーに嫌われる。

 

< 2Q >

この状況を打開したのはエース#14 三井。

京都大学のディフェンスの要、金沢選手とのマッチアップで、マークをかいくぐり得点を上げる。

京都大学のライドに苦しむ中、ディフェンス陣の#40 井上と#17 増田の4回生コンビが前線にボールを運ぶ。

なにかと公私に話題の尽きない#88 入澤もボールを前線に運び、#11 奥山に繋ぐ。

その#11 奥山がクリース付近を制し得点を上げる。

また、#4 野崎を中心にMF陣がDFのクリアを手助けする。

 

< 3Q >

度々ファインセーブを魅せていた#21 天羽。

京都大学のショットを研究しつくし、目で見えなくても体で感じる、データで弾き出す。

そんなファインセーブで窮地を救う。

このクォーター、ようやくOB”漢”名波氏が駆けつけ、観客席に笑いをもたらす。

一旦リードはするものの、京都大学に追いつかれ逆転される。

 

< 4Q >

ディフェンス陣に徐々に見え始めた疲労の影。

#6 岩澤の足がわなわなし始め、#40 井上の足もがたがたし始める。

そして、#89 島尻の足もかくかくし始める。

3Qから投入された#2 大塚がLMF、DFとフル回転し、穴を埋めていくが、すぐバテる。

その若い芽をカバーしたのが、#66 谷川。

LMF、DFの双方の経験を生かし、ボトム陣の穴をいぶし銀の活躍でカバーする。

また、絶対的な対人の強さを持つ#17 増田とのコンビで、終始襲ってくる京都大学の攻撃を食い止める。

まさに総力戦。

そして、#4 野崎も足が言うことがきかなくなる。

こむら返りの聖地、洛西浄化センター球技場。

そして、#9 高橋の1on1から#11 奥山が裏を取り、同点に追いつく。

その後も、怒涛の攻撃を#21 天羽がHEROっぷりの活躍で乗り切った同点のまま。