京都産業大学体育会男子ラクロス部の2014年度試合結果(Results)最終節

■ 2009 - 20th 関西学生ラクロスリーグ戦 Div.1 / 第4節

vs 龍谷大学

▼ Overview

Date

Game Venue

Opponent

Face Off

Weather

2009 / 9 / 22 thu.

宝ヶ池球技場

龍谷大学 12:30

▼ Score

Team

1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都産業大学 3 3 2 2 10
龍谷大学 5

▼ Scoring Summary

Q

Time Player No. Pos.

1

:

三井

# 14 AT

1

: 三井 # 11 AT

1

: 三井 # 14 AT

2

: 野崎 # 4 MF

2

: 奥山 # 11 AT

2

: 西田 # 1 AT

3

: 仲井 # 22 MF

3

: 仲井 # 22 MF

4

: 西田 # 1 AT

4

: 仲井 # 22 MF

▼ Game Summary

< Condition >

崖っぷち序章。

龍谷大学は、関西でトップクラスのルーズボール支配力を要するチーム。

その力は関西に名を轟かせ、MF#5 水本選手を中心に一気にゴールに向かってくる。

聖地、宝が池球技場で関西制覇に望みをつなぐため、個々が万全の体調で挑む。

各々自慢の彼女を連れ込み、ここぞとばかりにいいところを魅せようと意気込む。

中には親族と彼女との絡みも1つの見物であり、愛を育み、より親密な関係を保つよい機会となる。

#88 入澤ファミリーは今年も会場に駆けつけて下さり、アップを温かい目で見守ってくださる。

もう選手の中ではすっかりおなじみとなる。

 

< 1Q >

序盤は、ボール支配ともに互角。

その中で均衡を破ったのはエース#14 三井。

2回生の頃から武器としてきたミドルシュートで先制点をもぎ取る。

そして、たて続けに#14 三井は得点を上げる。

観客席を沸かす一方で、各大学のスカウティングの目がキラリと光り、その目は一層厳しいものとなっていく。

#89 島尻が、序盤に足を釣りかけるトラブルも発生したが、責任感の強い彼は最後まで自分の仕事を全うする。

 

< 2Q >

攻撃の形がAT頼みになりがちな展開の中、#4 野崎が倒れこみながらもカットインで滑り込み得点を上げる。

また、#11 奥山もショットでペースを作り出し得点も上げる。

#9 高橋は、お得意のクリース巡回でHPを消費していくが、スライディングをしたところにチェックを頂きファールを掴む。

そして、#1 西田が今日も安定した活躍を魅せ得点していく。

この日も好調な#73 村井が、フェイスオフだけに留まらず好演なプレーを魅せ勢いと流れを呼び込む。

 

< 3Q >

後半に入ると主役は変わり、#22 仲井が粘り強い球際のキープ力で得点を上げる。

そして、#22 仲井はこのクォーターもう1点を追加し、前評判を吹き飛ばす活躍ぶりを見せる。

オフェンスパターンとしても、なかなか練習通りの形が作り出せない中、時間を重ねる中で修正しそれとなくいい形が見え始める。

 

< 4Q >

#1 西田もこの苦しい時間帯に得点を上げ、龍谷大学の反撃を食い止める。

また、#22 仲井がこの日大暴れの活躍を見せ、再び引き離しにかかる。

去年一挙にブレイクしたOB南條氏を彷彿させる。その南條氏は、観客席からその展望を見守る。

連続試合得点が止まることに恐れを抱いた#8 河野は、鬼のようにゴールに向かうが得点できない。

連続試合記録は3でストップしてしまう。