京都産業大学体育会男子ラクロス部の2014年度試合結果(Results)最終節

■ 2009 - 20th 関西学生ラクロスリーグ戦 Div.1 / 第2節

vs 立命館大学

▼ Overview

Date

Game Venue

Opponent

Face Off

Weather

2009 / 8 / 30 sun.

立命館大学BKC第3グラウンド

立命館大学 10:30

▼ Score

Team

1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都産業大学 1 3 0 1 5
立命館大学 12

▼ Scoring Summary

Q

Time Player No. Pos.

1

:

三井

# 14 AT

2

: 河野 # 8 MF

2

: 仲井 # 22 MF

2

: 西田 # 1 AT

4

: 高橋 # 9 MF

▼ Game Summary

< Condition >

2008年11月、旧信澤政権時代の終焉を迎えたのは、FINAL3 vs立命館大学。

タレント揃いのチームにリードすることなく敗戦を迎えることに、去年のリーグ戦に出場した選手は勿論、力をつけた若い選手も一丸となり立ち向かう。

だが、どこかチームの歯車がかみ合わない。

遅刻者続出という危機を向え、負のオーラを断ち切ることができず試合を迎えることに、

思い返すと昨年の11月も遅刻者が出ていたことがふと脳裏によぎる。

不安要素を抱えながら因縁の立命館大学に挑む。

 

< 1Q >

スタートメンバーにエース#14 三井の名が除名される中、#51 荒木、#55 米田という3回生の新鋭がゴールに向うが、再三のチャンスをなかなかものにできない。

そんな中、立命館大学#23 岩渕選手の恵まれた体格を生かしたプレーに、防戦一方を虐げられる。

#74 小寺の精神状態のボルテージが上がっていくが、勢いを保った立命館大学を止めることはできない。

積極性と強さを兼ね揃えた選手にペースを乱されていく。

そして、エース#14 三井投入。

その直後、#14 三井のパスが立命館大学ゴールにそのまま刺さり1点を返す。

だが、立ちはだかるのはファールトラブル。

#1 西田がまさかの長時間リタイアという痛手を負う。

 

< 2Q >

ビハインド状態でこのクォーターを迎えるが、#4 野崎が盛り上げていく。

そして、#32 西、#12 西谷を中心に、いつのまにか「逆転の京産」そんな肩書きが連呼されるようになる。

そんな声に、この日前半に得点を決めなければ待ち受ける世界は「死」。

そんなプレッシャーをもろともせず#8 河野がきっちりゴールを決め、2点目を叩き込む。

そして#22 仲井が、ごにょってごにょって得意の形に持ち込んでから、泥臭いねばっとねちっこいオフェンスで得点する。

そして、汚名返上とばかりに#1 西田が意地の得点を上げるも、なかなか点差を埋めることはできない。

 

< 3Q >

やはりこの日試験で東京遠征のため、欠場となった#11 奥山の穴は埋めることはできなかったのか。

リーグ戦初出場の#51 荒木、#55 米田両ATが持ち前の良さをなかなか発揮できない。

そして負の連鎖は続く。

運悪く#10 西山のクロスが審判団の目に止まり、査定の結果立命館大学に3分間のポゼッションを許す。

 

< 4Q >

徐々にに焦りの色が見え始める。

ここにきて不運にも、ファールトラブルが立ちはだかる。

#4 野崎のアンスポーツマンライクコンタクトが無常にも通告される。

また、前半から#14 三井を封じられると、なかなか攻撃の攻め手に糸口を見出すことができない。

これまたリーグ戦初出場#26 竹端のクリアが前線になかなか繋がらず、オフェンスよいリズムをもたらすことが困難となってくる。

そんな防戦の中、ディフェンス陣の肉体を蝕んでいく。

疲労の色が見え始めたLMF陣。

だが、#66 谷川、#89 島尻も最後の力を振り絞って、ボールにくらいつく。

そして途中出場#9 高橋が得点を上げるも時既に遅し。

結果ダブルスコアとなり試合終了。