京都産業大学体育会男子ラクロス部の2014年度試合結果(Results)最終節

■ 2009 - 20th 関西学生ラクロスリーグ戦 Div.1 / 第1節

vs 同志社大学

▼ Overview

Date

Game Venue

Opponent

Face Off

Weather

2009 / 8 / 22 sat.

舞洲運動広場運動場A面

同志社大学 12:30

▼ Score

Team

1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都産業大学 3 1 1 4 9
同志社大学 2 1 3 0 6

▼ Scoring Summary

Q

Time Player No. Pos.

1

:

三井

# 14 AT

1

: 西田 # 1 AT

1

: 三井 # 14 AT

2

: 三井 # 14 AT

3

: 小寺 # 74 MF

4

: 河野 # 8 MF

4

: 三井 # 14 AT

4

: 入澤 # 88 MF

4

: 西田 # 1 AT

▼ Game Summary

< Condition >

全勝での関西制覇を目標とした、2009年京都産業大学のリーグ戦初戦となる。

相手は前評判の高い同志社大学。

緊張から、いつもよりも顔の表情が硬い戦士たちだが、

#17 増田曰く、テンションの上がるツボを知りだした福島TRの言葉により、リラックスした程よい緊張感を保った中、野武士たちは下剋上を掲げ、円陣を組み face off!!

 

< 1Q >

注目された関西face off界の天王山。#73村井 vs 同志社大学北選手

しかしポゼッションしたのは同志社大学。

そのまま#73 村井と同志社大学木田選手の15秒1on1。

最悪の展開であったが、#6 岩澤のフォローでなんとか防ぐ。

そして、京都産業大学オフェンスFの生命線と他大学から評価されている#14 三井が先制ゴールを決め、

さらに、同志社大学の掲示板を見て燃えた#1 西田の追加点で勢いに乗る。

その後1点返されるものの、またも#14 三井が得点する。

しかし、同志社大学木田選手の1on1から失点してしまい、シーソーゲームの予感がする1Qとなる。

 

スコア 3-2

 

< 2Q >

京都産業大学のポゼッション時間が比較的長くなったが、思うように点がはいらない。

彼女の前で良いところを見せたい#4 野崎だが、同志社大学のスカウティングでMFで一番警戒されていたためか、なかなか勝負にいけない。

#40 井上は、いつも以上の快足をとばしランニングクリアをしまくり、

また、公私ともに最近絶好調のゴーリー#21 天羽は、好セーブの連続で何度もチームを救うが失点する。

しかし、#14 三井が勝ち越し点を決め、1点リードでハーフを迎える。

 

スコア 4-3

 

< 3Q >

開始2分、#74 小寺がブレイクのごっつぁんゴールを決める。

(本人談だと、ファーにぐぁーと走り込んだため生まれたショットらしい)

しかし、その後グラウンドボールからフラッグがポンポン飛び、#89 島尻の奥儀ダイビングヘッドチェックも決まらず、まさかの2マンダウンの大ピンチになる。

最強ディフェンス陣でさえも3点ほどの失点を覚悟するが、1点の最少失点に抑える。

しかし勢いに乗った同志社大学から2失点され、逆転を許す。

 

スコア 5-6

 

< 4Q >

逆転のシナリオ用意してくれたでー!!という、レッドブルよりも元気になる#4 野崎の一言もあり、

いつもはよく喋るのに、今日は緊張で口数の少なかった#8 河野が1on1ですぐさま同点に追いつき、

その後、そう諦めの悪い男、#14 三井が逆転弾を決め、

#88 入澤が嬉しい追加点を奪い、流れを引き寄せる。

強い相手+入澤の得点+4Q+リードから、

去年の関西学院大学戦を思い出した#17 増田が、油断するな!とチームを引き締める。

すると、#1 西田がダメ押しを決め、#55 米田のフリーズも関係なく試合終了のホイッスルが鳴り、

京都産業大学にとって大きな大きな1勝を手にした。

 

スコア 9-6