ラクロスについての説明

■ ラクロスとは?

 ラクロスとは、「クロス」と呼ばれる棒の先に網のついたスティックを用いて、直径6cm・重さ150gの硬質ゴム製のボールを奪い合い、相手陣地のゴール(183cm×183cm)に入れることで得点を競うスポーツです。

・ボールを持って攻撃する側(オフェンス)はシュートによるスコアを目指して、相手陣地にあるゴールめがけてパスを回したり、
 ボールを運んだり、ボールを拾ったりしてゲームを進めます。

・対する守備(ディフェンス)は、自陣ゴールへスコアされないように、相手へ激しいプレッシャー(ボディチェック・ボディチェックなど)をかけ、
 ボールを奪ったりミスを誘ったりして、攻撃権を奪い合います。

 ラクロスは、大きく分けて男子と女子分けられますが、男子ラクロスと女子ラクロスでは、ルールやプレイヤーの人数が全く異なっており、全く別の競技といったほうがいいかもしれません。

 男子ラクロスは、クロスから放たれる時速150kmを超えるシュートがゴールするシーンやそのシュートをゴーリーが身体をはってセーブするシーン、素早い動きでフィールドを駆け回るシーンなど、個々の長所や技の攻防が入り交じったプレーには様々なスポーツの魅力が凝縮されています。


そういったことから「地上最速の格闘球技」と呼ばれています。

 

■ フィールドの大きさってどのくらい?

フィールドの大きさは、100m × 55m

サッカーコートとほぼ同じ大きさですが、アイスホッケーのようにゴール裏を使えるのが、ラクロスの大きな魅力です。

■ 試合時間ってどのくらい?

1Q

20min.

Rest

  2min.

2Q

20min.

Half Time

10min.

3Q

20min.

Rest

  3min.

4Q

20min

1Quarter(クォーター:Q)20min. × 4Q = 80min.

第1Q、第2Q、第3Q終了時は、両チームの陣地が入れ替わり、

フェイスオフ(F.O.)で試合が再開されます。

但し、クォーター間で何らかの事由により反則が発生した場合は、その限りではありません。

※ 試合時間は、練習試合や大会によっては様々な設定があります。

※ トーナメント方式の際、第4Q終了時でも勝敗がつかない場合は、
   サドンデスヴィクトリーにより、先に得点を先取した方が勝ちとなります。


■ 何人でプレイするスポーツ?

ラクロスは、1チームにつき 10人 でプレイします。

但し、選手の交替は自由に行うことができ、1度ベンチに下がった選手も、何度でも試合に戻ることが許されています。

この交代のことを、「フライ」といいます。

■ どんなポジションがある?

▼ オフェンス時

・ポジショニング

・ポジション別人数

名称

表記

人数

アタック

AT

3名

ミッドフィルダー

MF

3名

ディフェンス

DF

3名

ゴーリー

G

1名

▼ ディフェンス時

・ポジショニング

・ポジション別人数

名称

表記

人数

アタック

AT

3名

ミッドフィルダー

MF

2名

ロングミッドフィルダー

LMF

1名

ディフェンス

DF

3名

ゴーリー

G

1名

▼ 試合開始時及びスコア後の試合再開

・ポジショニング

・ポジション別人数

名称

表記

人数

アタック

AT

3名

フェイスオファー

OF

1名

ミッドフィルダー

MF

1名

ロングミッドフィルダー

LMF

1名

ディフェンス

DF

3名

ゴーリー

G

1名